シルバーのパーツを磨く作業の意味とは何か。クロムハーツのビルケンシュトック

s_DSC01741.jpg

【LINK】† クロムハーツ ビルケンシュトック アリゾナ †入手困難なサンダルが入荷!【CHROME HEARTS】...

そろそろサンダルの季節も終わり。

とは言いながらも郵便物を取に入ったり、ベランダの清掃、

花壇の水やりなんかで使いますが、一つのけじめとして

黒くなったシルバーパーツを磨きます。
s_DSC01743.jpg

いつものように黒く硫化したガンスリンガー。

s_DSC01745.jpg

シルバーポリッシュを使って念入りに磨きました。

このとき手を汚さない為とせっかく磨いたシルバーパーツに指紋を付けないように

軍手なんかがあれば助かります。

by カエレバ


さてさて、磨き終わったガンスリンガーのシルバーパーツを見てみましょう。

じゃじゃーん。

s_DSC01746.jpg

シルバーが輝きを取り戻すとアイテム自体に生命力が宿った気がします。

シルバーを磨く作業とは命を吹き込む作業なのです。

s_DSC01748.jpg

命を吹き込むだなんて大袈裟ですか??

s_DSC01750.jpg

「サンダル如きに何が命だ」って思いますか??

黙れ小僧!!

ここはそういう世界観のブログなのだ。

モノを命あるものと仮定する。

いや実際に大好きなモノ、心から大切にしているモノに魂は宿る。

s_DSC01751.jpg

愛するアイテムの小さな変化に気付くようになるのです。

そういう意味では私のアイテムは生きています。

命を吹き込むのです。


関連記事

Comments 0

Leave a reply

WESCOのBOSSを履き込む
PREV
NEXT
CHROME HEARTSのベルト「GUNSLINGER(ガンスリンガー)」と穿きこんだヘヴィーウエイトのLeatherPants