【緊急】日本国民がノーベル平和賞に受賞か!?憲法9条と日本国民

s_DSC01756.jpg

ノーベル賞週間6日から 憲法9条と村上春樹氏に注目

【ロンドン共同】今年のノーベル賞発表が6日の医学生理学賞を皮切りに始まる。

10日発表の平和賞の候補は史上最多の278で、戦争放棄を定めた憲法9条を保持してきた日本国民を最有力視する予想も。

文学賞候補の村上春樹氏(65)をはじめ、科学分野でも日本人受賞の期待がかかる。

国際平和研究所(オスロ)のハルプビケン所長はウクライナ危機や東アジアの緊張が続く中で「時宜にかなっている」として憲法9条を予想トップに選ぶ。

実際に授与が決まれば、護憲運動に大きな弾みとなりそうだ。





NHKも日テレもノーベル平和賞のニュースでは取り上げていますが、

我々国民が受賞の可能性がある点については無視し続けている状態です。

憲法9条を廃止して集団的自衛権の行使を閣議決定した

安部自民党との政治的な背離からか、あまり話題になっていないようですが、

国民的な一大ニュースです。

憲法9条の理念があったからこそ我々国民は戦火から守られたのです。

これは紛れもない事実。

予防というのはなかなか評価されないけれど、

日本という国家は戦後70年間、戦争をしなかったという事実がある。

また国家として他国民を誰一人殺さなかった現実がある。

戦争で自国民を殺されなかった現実もある。

わたしは戦争を放棄し続けた事を日本国民として誇りに思う。

自分が何をしたというワケじゃないけれど、

そんな日本に生まれて良かったと思うし、日本が大好きだ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

お肌がモチモチに!乾燥肌にHadaCRiE(ハダクリエ)
PREV
NEXT
【ダイエット】カロリーオフ!!sanasukeメソッドの冷静パスタ