色が抜けたALDEN(オールデン)2210

s_RIMG0029.jpg

【LINK】オールデン Alden Men's NST Tie Shell Cordovan Aberdeen Last #2210

一番の使用頻度であるオールデン。

会社勤めとなるとこのような靴は汎用性が高い。

購入当初は気になっていた小さな傷も履きまくっている内に、

気にならなくなってきた。

というのも傷が靴に馴染み傷もまた靴の構成の一つとなっているように思えるからだ。

s_RIMG0030.jpg

外出して帰社したらこんなに砂埃がついている。

ブラッシングで入念に埃を落としてデスクワークに戻ります。

連日このような事を繰り返していると、

色も抜けてきた。

使い込んだ風合いのオールデンも

磨きたての光沢感のあるときとは違い、

男の風貌を感じさせます。

♯8のダークバーガンディカラーが濃く残る部分と薄くなってきた部分の

グラデーションもまた魅力なのです。

カラーが抜け薄くなったコードヴァンにワックスを掛けるのも

また楽しみでもあります。

オールデンに限らず革製品全般に言えることですが、

メンテナンスするのが非常に楽しい。

ガッツリと時間を取って素手でレザーを触りながらのメンテナンスは

至高のひとときです。

楽しみはもう少しお預けにして

明日もまた業務に勤しみます。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

マットな質感のコードヴァンも恰好良いのでおススメするオールデン
PREV
NEXT
二日連続のALDEN2210と毎日のCHROME HEARTSと130年のHEINRICH DINKELACKER