梅雨の対策にはシューツリーと炭

s_DSC00848.jpg

【LINK】オールデン純正のシューツリー。高級革靴の必需品。【新品】ALDEN SHOE TREE(オールデン シュ...

いやな時期に突入するようです。
ジメジメムシムシの梅雨です。

梅雨も必要なんだとどっかの誰かが言ってたけど、

好きか嫌いかでいえば大嫌い。

というのもこの時期は革モノにとって気を付けたい湿度が上がる時期でもある。

湿度が上がって埃を溜めてしまうと発生するアイツたち。

そう、カビルンルン。



高校生の頃、当時は通学にも履いていたドクターマーチンのブーツにカビが発生した記憶がある。

白っぽい埃のようなものが付いていた時は泣けてきた。

懐かしいカビとわたしの思い出。

ハワイでオールデンを購入する際に、日本は湿気が多いからと

Leather Soul のHoshino氏に薦められたレッドシダーのオールデンシューツリー。

これのお陰かは知らないけど、オールデンにまだカビの発生はない。

ただこのシューツリーも入れっぱなしは良くないと聞いたのですが

本当のところはどうなんでしょうか??

そういえば、ホワイツのセミドレスはオールデンよりも

雑な使い方をしているし雨の日にもよく履くので

カビの発生率は高いと思っていたのですが全く問題無し。

ということはシューツリーしなくても平気なのかも??

湿気が気になるなら以下の様な「炭」がいいかもしんない。



【LINK】繰り返し使える使い捨てじゃない調湿木炭

この炭を部屋に置いておくだけで、湿気の調節をしてくれるらしい。

半永久的に使えるというのも気に入った理由の一つ。気になる。


関連記事

Comments 0

Leave a reply

オールデンと梅雨
PREV
NEXT
晴天のオールデン リップルソール