二日連続のALDEN2210と毎日のCHROME HEARTSと130年のHEINRICH DINKELACKER

s_RIMG0213.jpg

【LINK】オールデン(Alden)2210Norwegian Front Blucher Oxfordバーガンディ

オールデンのような靴はダメージを軽減するために

毎日は履かずに、他の靴に交えてローテーションを組み

数日に1回ペースで使う方がいいとは聞きますが、

あまりの歩きやすさと履き易さなので

ついつい玄関先で足を入れてしまいます。

足が自然に靴を選ぶというと大袈裟か。
・・・・

うん。大袈裟です。

s_RIMG0214.jpg

ユニオンワークスさんでリップルソールにオールソール交換をしてから

非常に歩きやすくなった。

平日の朝は時間との闘いですから、脱ぎ履きに簡単な短靴は時間短縮に大いに貢献してくれる。

もう一足くらい所有していたい短靴です。

理想はこんな靴。



【LINK】HEINRICH DINKELACKER ハインリッヒ・ディンケラッカーRio.

靴のロールスロイスと言われる年間8000足しか作られないハインリッヒ・ディンケラッカー。

老舗は私の好むところです。

次はコレを狙う。

s_RIMG0215.jpg

【LINK】クロムハーツ/バッグ・ジム・ミディアム・V1:セメタリー・クロス・パッチズ

HEINRICH DINKELACKERならCHROME HEARTSのジムバッグとも相性が良さそうです。

毎日使っているだけにいい具合にエイジングされてきました。

大切に大切に愛情込めたエイジングで最高の鞄に育て上げます。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

色が抜けたALDEN(オールデン)2210
PREV
NEXT
ラバーソールのススメ。歩きやすいALDEN2210とリップルソール