リップルソールに生まれ変わったオールデンを磨く

s_DSC00518.jpg

【LINK】ALDEN(オールデン) #2210 #8DKバーガンディー コードヴァン Norwegian Front Blucher Oxford

ユニオンワークスさんから戻ってきたオールデン2210を磨きます。

画像に少し靄がかかっているのは、冷たい部屋にあったカメラを

暖房の効いた暖かい部屋に持ってきたからです。

では、磨きます。

まず・・・
s_DSC00520.jpg

シューレースを外します。

s_DSC00521.jpg

【LINK】コロニル【Collonil】 馬毛ブラシ 【靴ケア用品】バッグ・財布・鞄・カバン・革靴・皮革・ブー...

次に馬毛ブラシを用いて入念にブラッシングです。

靴に付いた埃を取り除きます。

s_DSC00524.jpg

【LINK】【Alden】FINE PASTE WAXオールデン 純正 ファインペーストワックス クリーム全2色

ブラッシングをした後、ALDENの純正ワックスを塗りこんで行きます。

s_DSC00525.jpg

少量を布に取り薄く塗りこんで行きます。

s_DSC00526.jpg

表面のワックスが乾いてきたらブラッシングです。

s_DSC00528.jpg

手触りでワックスの状態を確認しブラッシングでワックスを浸透させます。

入念なブラッシングでこれだけでも良い光沢を見せてくれます。

s_DSC00530.jpg

一目瞭然ですが、向かって左側がブラッシング完了後のALDEN。

続いて右側も。

s_DSC00531.jpg

素晴らしいツヤです。

徐々に自分でも納得のいく仕上がり具合になってきました。

あとはシューレースを結ぶだけです。

s_DSC00534.jpg

この光沢はヤバい。

自分で美しいツヤを出せるようになったことを嬉しく思います。

コードヴァンとリップルソールも良いですね。

磨く技術も回数を重ねるごとに上達していきます。

s_DSC00533.jpg

s_DSC00532.jpg

自分の靴ながら恰好いいと思う。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

ラバーソールのススメ。歩きやすいALDEN2210とリップルソール
PREV
NEXT
UNION WORKS(ユニオンワークス)からALDEN