フェザーのペンダントトップに思い出



【LINK】goro's ペンダントトップ

初めての ネックレス。

15歳の頃に喜平のチェーンネックレスをしていたのは別として(笑)

初めて自分で購入したのは高校生の頃、

三宮の高架下でフェザーのペンダントトップを買いました。

もちろん写真のゴローズを買えるようなお金は無かったので

いわゆるゴローズタイプのもの。

ただ、当時はゴローズって知りませんでしたし、

それがそういったブランドに似せられて作ったものだという事も知りませんでした。

人気ブランドの安価なコピーモノってそのブランドに触れる

足掛かりになる場合もあるということですね。

コピー商品とは人気のバロメーターでもあるのだと思います。

コピー商品を肯定しているわけじゃなく、それが広告にもなっているという事。

マーケットとは複雑な人間心理の上になりたつものなのです。

このフェザーのペンダントトップを見ると

オサレやファッションに興味を持ち出した

懐かしい青春時代を思い出します。

goro's(ゴローズ)高橋吾郎さん、ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

RICOH CX4 復活!
PREV
NEXT
エスタロンモカ内服液