特定秘密保護法案とアメリカと・・。

RIMG4184_convert_20131128235140.jpg

【LINK】【送料無料】戦後史の正体 [ 孫崎享 ]【楽天】
【LINK】戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)【amazon】

日本の政治というのは

ほぼ全て・・いや全てアメリカ主体で動いています。

いま話題の基本的人権を侵害する「特定秘密保護法案」については

内田先生のブログを熟読頂ければわかると思います。

特定秘密保護法について

特定秘密保護法について(つづき)

特定秘密保護法について(その3)

全てはアメリカが背景にある。

世界を経営するアメリカには胆力を持った

頭の切れる首相が必要です。

そんな首相を生みだすためにはまず政治に興味を持つこと

「愚民の上に苛き政府あり」・・と福沢諭吉は言います。

この事態は政治に関心のなくなった我々が作ってしまったこと。

そして政治を知るにはまずアメリカをしろう。

なぜ、日本はアメリカの属国になったのかが明白に分かる本を買いました。
RIMG4185_convert_20131128235229.jpg

【LINK】【送料無料】本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 [ 前泊博盛 ]【楽天】
【LINK】本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)【amazon】

アメリカは狡猾です。

アメリカの更にうえをいく狡猾さ、頭の良さを持った為政者が必要です。

腹を括ってアメリカと対峙出来る人間が必要なのです。

RIMG4186_convert_20131128235301.jpg

【LINK】アメリカに潰された政治家たち【amazon】
【LINK】【送料無料】 アメリカに潰された政治家たち / 孫崎享 【単行本】【楽天】

いままでアメリカに潰されてきた政治家たち。

アメリカに潰されるような政治家たちは皆、アメリカに物申した人達。

いまの為政者に比べれば間違いなく腹の座った人間だったと思います。

そういう目でみると、現在も安倍首相はアメリカから強い圧力を受けているのだと思う。

下手をすれば政治活動をも奪われ、命の危険すらある。

それでも尚、思想・哲学を持ち

自らの考えに背くことなくアメリカに真っ向から挑む為政者。

そのためにはまず自分が愚民にならないことが必要です。

やはり最終的には自分で考えることが必要。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

カジカジに村井くん掲載
PREV
NEXT
くるくる本棚