スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天セールで割引率を過大演出 景品表示法違反の恐れ

楽天セールで割引率を過大演出 景品表示法違反の恐れ

朝日新聞デジタル 11月7日(木)10時23分配信

プロ野球・楽天の日本一受けてインターネットショッピングモールの「楽天市場」で開催された「日本一大セール」で、割引率を過大に見せる悪質な例があったことが7日わかった。

シュークリーム1個当たりの通常価格を「1200円」とし、これを260円で売ることで、「77%割引」を演出していた。

利用者などから指摘を受け、運営する楽天が調査を始めたが、景品表示法に違反する恐れがある。

セールは3日夜から7日午前2時まで。

楽天によると、星野仙一監督の背番号にちなんだ「77%割引」が目玉商品だった。

ところが、一部の店は、「シュークリーム10個で通常1万2千円の商品を、77%割引の2600円で販売」とうたっていた。

楽天はこの店を一時的に閉店させて調査中で、「事実なら契約を解除して出店をやめさせる」(広報)としている。

他の通販サイトで10枚9800円で売られていたするめいかを、楽天市場で1万7310円と表示していた例も確認したという。

これは出店者ばかりに責任を転嫁出来ない問題だと思います。

楽天側の「77%割引」という「目玉」を押し付けたことによる過剰演出だったのではないでしょうか。

店側に77%割引きにさせ、売り上げからまたロイヤリティ取るのかな?

出店した方はたまったもんじゃないですよね。

今回の77%割引の商品に対してはロイヤリティを取らない措置とかあったんでしょうか。

そして問題が起これば全て出店側の所為。

関連記事

Comments - 0

Leave a reply

酒と俺
PREV
NEXT
パステル・ミュゼのアントルメ・プリン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。