心躍るCHROME HEARTSのブーツ

RIMG7110.jpg

その存在を知ったのはもう20年近く前の雑誌。

現在はクロムハーツ部部長として活躍している

安岡氏のブーツを雑誌で見たのが最初でした。
RIMG7111.jpg

もう何度目の登場でしょうか(笑)

吉原さんも安岡さんも若い。

そんな安岡さんのファイヤーマンは・・

フロントのグロメット全てにシルバーが装着され

ジッパーにはダガー、レースもレザーの編み込みで先端にシルバーといった

ゴージャスな作りに圧倒され、手に入れたいとは思いつつもブーツに65万という価格は

当時の私からしてみれば「即諦め」の価格でした。

RIMG7113.jpg

「すごいなぁ」「恰好良いな」と雑誌でパラパラとよみながら

見るだけで満足することが出来るその程度の存在でした。

ですが、チペワのブーツが販売終了したと同時期に

発売されたのがWESCOとコラボレーションしたファイヤーマンブーツ。

それ以前からWESCOのブーツがクロムハーツでメンテナンスが可能になったことを考えると

ビジネス上での契約があったんでしょうね。

現に海外のクロムハーツではチペワのファイヤーマンブーツをオーダーできるようです。

以下は楽天サイトから。



チペワのような光沢のはないオイルを十分に含んだ

オイルドレザーにシルバー装飾が成されたブーツを見て

私のブツ欲が再燃。

久しぶりに高額な買い物。

しかも、結婚後という事もあり

財布の事情だけではなく、奥さんを説得するプレゼンも必要となりました(汗)

借金をするのではなく、私の小遣いの範囲内であればOKとの承諾を得、

お小遣いを貯め購入にいたることの出来たブーツなのです。

クロムハーツ大阪で試着をしたとき、

「ようやくこのブーツが俺のモノになる」と実感することができました。

エントランスでブツを受け取ったときに肩に圧し掛かるブーツの重さが

クロムハーツを購入した証となり嬉しさを倍増させました。

このブーツはいつまでも手離さない。

このブーツは・・。

RIMG7125_201311020038556f0.jpg

RIMG7121_20131102003853d3e.jpg

神レベルの恰好良さです。

未だに寝る前に見つめてると心躍る。

手に入れた後にここまで喜びを与えてくれるアイテムって

そうないですね。

心に響くものはずっと傍に置いておきたい。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

クロムハーツファイヤーマンブーツのシューレース CHROME HEARTS
PREV
NEXT
CHROME HEARTS ファイヤーマンで出勤