スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rolex(ロレックス) × KAMHOUT(カムホート)



【LINK】ロレックス レナード カムホート サブマリーナ Ref.16610 ステンレススチール 2000【...

ロレックスとクロムハーツは紹介してきましたが

カムホートは初めてだし初めて見た。

カムホートといえば・・

元クロムハーツの彫銀職人で独立して自らのブランドを立ち上げ

色々ともめましたが何とか収まり現在に至る・・かなり端折りましたが(笑)

そんなカムホートに火が点いたのはシルバーブーム真っ只中に・・




でたーっ!

キムタクでたーっ!

どんだけーっ!!

シルクリンクのブレスレットが非常に似合います。



【LINK】LONE-ONES(Leonard Kamhout)/Mating Fryt Collection Bracelet Silk Link Medium Plain Circle

彼が身に着けたモノは売れる。

野口強と木村拓哉は最強のタッグだったのです。当時は。

そんなワケで私も一時はガボールなりカムホートなりを探し求めた時期もありましたが

CHROME HEARTSのアイテムたちに囲まれつつある頃にCHROME HEARTS TOKYOのオープン。

そして初めてCHROME HEARTSを生で感じたCHROME HEARTS OSAKAという聖地が

私をCHROME HEARTSに釘付けにしました。

今回のカムホートのように、ROLEXがCHROME HEARTSとのダブルネームを販売したら

面白いと思います。

文字盤にCHROME HEARTSのスクロールラベルが描かれた盤面っていいじゃないですか。

もうファンならずとお欲しい一本です。

その時計を使ってブレスレットやらウォッチケースを装着したら・・・

盤面をシルバーで作っちゃうのも良いかもしれません。

CHROME HEARTS事業部がROLEX JAPANに歩み寄って実現させてもらいたい。

関連記事

Comments - 0

Leave a reply

ロレックス ブティック -ROLEX-
PREV
NEXT
時を刻むロレックスが今年最後をお届けします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。