Paraboot UASP MILLY

213808_1.jpg

【LINK】Paraboot UASP MILLY

定番のチロリアンシューズ<MICHAEL(ミカエル)>のハイカットモデルとして愛されながら、約10年程前に生産終了となった<MILLY(ミリー)>。

今回ユナイテッドアローズがリクエストしてそのMILLYが別注というかたちで復刻。アッパーには天然のアザラシファーをあしらい、その独特の風合いが秋冬シーズンの暖かみのある素材やアイテムにマッチしてくれます。

<Paraboot>(パラブーツ)
パラブーツを展開するリシャール ポンヴェール社のルーツは1908年、アルピニストたちが集まるフランス東部の町イゾーでレミー・リシャール・ポンヴェールが開いた小さな靴工房でした。

当時から山岳労働者向けの靴を積極的に製作。
後年、登山靴のリーディングメーカーへと成長しました。

1927年、ブラジルのパラ港から出荷される良質な天然ラテックスを輸入し、ラバーソールの自社生産を開始し、それと同時にそのソールを使い、登山靴のエッセンスも取り入れたタウンシューズのブランドをスタート。

タウンユースでありながら、厳しい自然環境にも対応できる登山靴由来の作りやフォルム、素材などが生かされたパラブーツの靴は、履きやすく機能的で、加えて普遍的なデザインなので流行に左右されず様々な年齢層からも愛用されているブランドです。

伝統あるブランドとのコラボはユナイテッドアローズの

専売特許じゃないでしょうか。

昔は店舗に足繁く通わなければ、そのチャンスを逃したコラボアイテムも

いまはWEBで予約が出来る時代です。

便利になりつつある一方で何処となく昔を懐かしむ声も聴こえてきそうです。

時間軸って世代によって大きく様変わりするんですよね。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

ユナイテッドアローズの接客
PREV
NEXT
ネットは店舗への顧客誘導手段 ユナイテッドアローズ