CHROME HEARTSのジムバッグを使う

RIMG6782.jpg

【LINK】クロムハーツ【CHROMEHEARTS】【新型】ジムバッグ ミディアム ヘビーレザー【中古】

さて、ジムバッグを早速使ってみました。
RIMG6779_20130914224255871.jpg

ジッパーは硬めです・・・CHROME HEARTSらしい。

RIMG6773.jpg

中身はこんな感じです。

スペシャルカラー ブルーのチェンジパース2がいい感じです。

RIMG6775.jpg

コレだけ入れてもジムバッグの内はまだまだ余力がある。

私の携帯電話がガラケーなのは触れないで(笑)

通勤電車内では本を読むので基本的にモバイルでインターネットをすることがない。

持てば便利なんでしょうけど、ランニングコストを考慮すると

いまのままで充分なんですよね。

というのが、ドコマデモドコモな私の見解。

ただ、iPhoneは魅力的。

iPhone 5c(32GB)とiPhone 5s(16GB)なら24カ月の利用

つまり2年縛りで実質ゼロ円にできるという内容のプランには心動く。

奥さんがiPhoneに変更する予定なので、どんな感じか見定めて

私も考えよう。

家族みんなドコマデモドコモ。

小泉純一郎さんの秘書だった飯島勲氏曰く、

国家機密を扱う政治家はみんなドコモを使っているらしいですね。

研究開発費、ソフトバンク9億円、ドコモ1,099億円

(中略)

身銭を切らず、他人のふんどしで収益を上げる、というソフトバンクのビジネスモデルは、今回が初めてではない。

本業の通信事業もまるで同じだ。

ソフトバンクの事業の中心、携帯電話事業への進出もボーダフォン日本法人を買収したのがきっかけで、自社で何か特別な開発をしたことはない。

携帯大手3社の中で、ソフトバンクの設備投資額は最低で、ドコモの半分にも満たない。

さらにわかりやすいのが、研究開発費。年間1,099億円もかけているドコモに対して、ソフトバンクの研究開発費は8億8,000万円にとどまる。

ドコモの100分の1未満だ。通信インフラはNTTのものを借用し、社内でインフラ整備や新規の技術開発はまったくやる気がない、ということが数字に表れている。

なぜ情報機関はソフトバンクを使わないのか

(中略)

ソフトバンクの携帯電話のセキュリティにも私は大きな不安を感じている。

私の周りにいる国家機密を扱うような人や情報機関の所属で、ソフトバンクの携帯を使っている人はいない。

みな、ドコモを使っている。

幸いにして、ソフトバンクの携帯に電話すると、「ププッププッ」と独特の音が鳴る。

その音を聞いたら、相手がどんなに不審に思おうと、私は世間話で電話を切ることにしている。

閑話休題。

話があらぬ方向にそれてしまいましたが、

このジムバッグ・・仕事に日には使えない点が一つありました(汗)

ほんとに私的な理由なんですけど・・

今日は長くなりましたので明日にでもお話しします。

それではまた。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

CHROME HEARTS ジムバッグとシャーリング フィード
PREV
NEXT
ウエストポーチとしてのCHROME HEARTS/BAG-SNAT PACK#1 TANK CAMO