スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファッション哲学 カール・ラガーフェルド





【予告編】『ファッションを創る男』 ラガーフェルドを形取ったポスターも到着

「シャネル(CHANEL)」「フェンディ(FENDI)」のカリスマデザイナー、カール・ラガーフェルド。その仕事ぶりとプライベートに2年間密着したドキュメンタリー映画の邦題が『ファッションを創る男~カール・ラガーフェルド~』に決定し、予告編ならびにポスタービジュアルが解禁となった。

世界中の女性たちの憧れ、「シャネル(CHANEL)」。そのデザイナーを30年に渡って務める美の帝王カール・ラガーフェルドは、「クロエ(Chloe)」「フェンディ(FENDI)」などのデザイナーも兼任し、ファッション界をパワフルに牽引してきた。とはいえ、その人物像は年齢さえも非公開。本作は、トレードマークのサングラスの向うに隠された彼の素顔に迫る、魅惑のドキュメンタリーだ。

2年間200時間にわたる撮影を敢行した本作の予告編には、ラガーフェルドの自宅内やショーの準備を行う姿、デザインを進める工程など彼が生きる世界と共に、仕事へこだわりや哲学を自ら語っている姿も捉えられている。

大量に積み上げられた書物、山盛りのクロムハーツの指輪、沢山のiPod……。物に溢れる自宅から、フィンガー・カットの革手袋を嵌めたままデザイン画を描く姿や、ニコール・キッドマンらセレブとのフォトシューティングなど、完璧主義者の情熱溢れる仕事ぶりまでが映し出されている。

さらに、友人のモナコ王妃カロリーヌと談笑する姿や、トレードマークといえるサングラスを外している場面も盛り込まれているなど、普段は見られない貴重なシーンが数多く含まれていることも見逃せない。

また、ポスターには、ファッションショーでステージに立つ様子や、一緒に仕事をしていた二コール・キッドマンの姿など象徴的なシーンが散りばめられ、中央に配されたラガーフェルドのシルエットが印象を強く残している。

「シャネル」開業100周年記念にあたる節目の年に、文字どおり、世界のファッションを創ってきた天才の素顔が、ここにある。

『ファッションを創る男~カール・ラガーフェルド~』は11月16日(土)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。


繊細で豪快な彼の生き様が垣間見える映像でした。



アーティストは内面の深さ物を言う。

イタリア人以外で初めてフェラーリのデザインを手懸けた

奥山清行さんはこう言います。

「アートが自分の内面を描き出すのが基本なのに対し、デザインは人様のお金を借りて、顧客の為に行う行為だ」

この言葉を聞く限り、カールは間違いなくアーティストでしょう。

彼の天才性は内側から溢れ出したものを効率的に形にする方法を心得ている

という点にあるのではないでしょうか。

デザインを生みだすのに苦悩したデザイナーがいるのに対し、

彼は逆に溢れ出すものの表現を色々な方法でまだ思索し試作している。

クロムハーツのリチャードも彼と同様のアーティスト。

ただ、リチャードの時間軸は一定。

その山の如くどっしりとしたクロムハーツに我々は魅了されているのです。

カールも自分とは対照的な天才としてリチャードを捉えているのではないでしょうか。

関連記事

Comments - 0

Leave a reply

健康診断と胸部X線(レントゲン)検査
PREV
NEXT
奥さんと子供たちが帰ってきた!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。