クロムハーツとブツ欲

クロムハーツのレザーパンツやらニットやら (9)

【LINK】クロムハーツ(CHROME HEARTS)ウォレットチェーン ケルティックローラー

シェットランドニットにシルバーを首に巻いて遊んでみた。

クロムハーツのレザーパンツやらニットやら (10)

暖かくなってきたとはいえ、まだまだレザーの暖かさが恋しい時期。

シェットランドセーターに冷たいシルバーを巻いて体温調節(嘘)

こんなことして遊んでたら、クロムハーツのシルバーネックレスが欲しくなった。


恰好いいですね。

欲しいモノは尽きません。

ブツ欲なんて尽きることはありません。

それは脳が作り出すものだから。

ブツ欲尽きる前に金が尽きるのが一般的な我々(笑)←笑うしかない。

でもですね、何でも買えるほど金があると

ここまでクロムハーツに情熱を燃やせるのか。と思う。

孫正義さんが言ってました。

ITバブルの頃には毎週一千億円ほど資産が増えていった。

そうなるとブツ欲もなくなる。

だって欲しいブランドのビルごと買えちゃう。と。

お金というのはある一定数を超えると幸福感がなくなるそうです。

収入が増えると贅沢なライフスタイルを実践するようになり、

多少のことでは幸せを感じなくなるらしい。

この現象を経済学の分野では「限界効用の逓減」という言葉で説明されます。

あるものを得る数や量が増えれば増えるほど、

それに価値を感じなくなるという法則。

ただ、ここで面白いのがお金や消費には限界効用の逓減が当てはまりますが

それ以外の経験にはこの法則が当てはまらない。

技能や技術を身に着けたり磨いたり、友人が増え輪を広げることには

限界効用の逓減は適用されない。

むしろ技術の進歩は幸福を感じる。

所得というのは増えるほどに喜びは薄まりますが

技能・技術や友人は増えれば増えるほど喜びが増す。

これを国家単位で考えると、国の経済レベルが高くなるほど

国民が幸せになるとは限らない。

ただ、衣食足りて礼節を知るという諺があるように

必要最低限のお金は必要でしょう。

そうは言われても、そこまで貰う金額が天井知らずに上がったことがないので

本当に「限界効用の逓減」が現象として表れるのか・・・

わたしで実験をして欲しい(笑)

わたしに限界までモノを与え続けて欲しい。

冗談はさておき、金なんて所詮はそんなものなんでしょう。

人生を幸せに生きるという事は没頭できる仕事を見つけることだと思います。

そう遊びです。

仕事と遊びの境界線をなくしたとき

幸せな人生を送れるスタート地点なのではないでしょうか。

話があらぬ方向に行きましたが(汗)

要するにブツ欲ばかりじゃなっく、

使い込んでいく楽しさを身に着けようということです。

クロムハーツのレザーパンツやらニットやら (7)

【LINK】クロムハーツ クラシックオーバル バックル

クラシックオーバルのベルトは何にでも合わせられる万能選手。

クロムハーツのレザーパンツにもよく合います。

関連記事

Comments 0

Leave a reply

13年物のクロムハーツのレザーパンツにはボロが合う
PREV
NEXT
伊勢丹新宿限定のクロムハーツ