スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリッカーズと雨



【LINK】TRICKER'S COUNTY BOOTS ...

空は灰色。

確実に水滴が落ちてくると予想される空でした。
BOSSとトTRICKER'S。。どちらを履くか迷った結果

「何とかなるだろう」と思ってトリッカーズを履きました。

「何とかなるだろう」と思って取り組んでいることは

概ねリスクをヘッジしていることが多い。

「何とかなるだろう」は安心感があるからこそ

出てくる言葉なのです。

TRICKER'SWESCOなら、

両靴共に雨に降られても全く問題ないですからね。

これがALDENだったらそうは行きません。

やじろべえのように不安定な空のでは

外が気になって仕方がない。

「何とかなるだろう」とは思いません。

TRICKER'Sは雨という自然現象を前にしても

安心感を与えてくれる靴なのです。

今更ですが、TRICKER'Sは1829年創業の

イギリスのブランドで、英国王室御用達でもある。

そして外見に似合わぬタフなブーツでもあります。

WESCOと並べると可愛いもんです。

ですが、ガンガン履き込んでも問題ありません。

現にガンガン履いています。


関連記事

Comments - 0

Leave a reply

Tricker's ELASTIC SIDED BROGUE BOOTS HENRY M2754
PREV
NEXT
トリッカーズ カントリーブーツで過ごす
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。