スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発の限界と暗黒国家日本



【LINK】年50ミリシーベルト上限撤廃へ 厚労省が特例措置

厚生労働省は27日、通常時は年間50ミリシーベルトと定めている原発作業員の被ばく線量の上限を当面の間、撤廃する方針を固めた。

5年間で100ミリシーベルトの基準は維持する。

原発作業に従事できるのは全国で7万人余りしかいない。

各地から福島第1原発への派遣が相次ぐ中、規定の被ばく線量を超えると、ほかの原発の保守や定期点検に支障が出かねないとして、経済産業省が厚労省に特例的な措置を要請していた。

しかし、この措置は、過酷な環境下で働く作業員の安全を軽視しているとの批判も出そうだ。

厚労省は3月15日に省令で、福島の事故の応急対策に限定して緊急時の被ばく線量を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げていたが、通常時の基準は変えていなかった。

米国も、緊急時の線量上限を民間人で100ミリシーベルト、通常時は年間50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルトとしている。

東電によると、福島で作業した30人が100ミリシーベルトを超えた。

50ミリシーベルトを超えると、ほかの原発で働くことができなくなるため、多くは東電の協力企業側が線量を管理しているという。

こうした事態に、経産省は電離放射線障害防止規則で定められた「通常年間50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルト」の基準を緩和するよう厚労省に要請。

しかし、厚労省は「100ミリシーベルトを超えると白血病やがんの発生リスクが高まるという医学的な知見もある」として、5年間で100ミリシーベルトの基準は維持することにした。

2011/04/28 02:02 【共同通信】


これが罷り通ってしまう日本って凄い国ですよね。

もうブラック。暗黒いや暗国ですよ。

官僚に日本は壊されますね。

この記事を読んだとき、司馬遼太郎氏が「この国のかたち」で書いていた

「機密の中の“国家”」を思い出しました。

かつて一冊の古本を見つけた。

統帥網領・統帥参考』という題の本である。

復刻されたもので、昭和三十七年、偕行社(註・旧陸軍の正規将校を中心とした親睦団体)刊となっている。

原本は配線のときに一切焼却されて、この世には存在しないとされていた。

もとは二冊だったようである。

『統帥網領』の方は昭和三年、『統帥参考』の方は昭和七年、それぞれ参謀本部が本にしたもので、

むろん公刊の本ではない。

公刊されれば、当然、問題になったはずである。

内緒の本という以上に、軍はこの本を最高機密に属するものとし、特定の将校にしか閲覧を許さなかった。

特定の将校とは、統帥機関である参謀本部所属の将校のことである。

<<中略>>

『統帥参考』のなかに憲法(註・明治憲法)に触れたくだりがある。

おれたちは、じつは憲法外なのだ、と明快に自己規定しているのである。

<<中略>>

当時、日本国民のたれもが憲法下にあったことはいうまでもない。

天皇でさえ、憲法によって規定されていた。

憲法によって天皇は政治に対し、個人として能動的な作用をすることは一切できず、例外的にそれをおこなったのは、敗戦のときのいわゆる“聖断”だけである。

であるのにこの本が閲覧できる“メンバーズ・クラブの会員たち”―参謀本部の将校―だけが“われわれの職務だけが憲法外におかれている”と言いかわし、それを秘密にし、そのことを明文化した本を“最高の機密、門外不出の書”とし国民はむろん洩らすことがなかった。

しかも敗戦のとき、敵にも後世にもしられぬように配慮したのか、かれらの手で一冊のこらず焼きすてたのである。

一握りの人間たち、秘密を共有しあった以上は、秘密結社としか言いようがないが、困ったことに参謀本部は堂々たる管制による機関なのである。

その機関が憲法を私議し、私的に合意して自分たちの権能を“憲法外”としている以上は、帝国憲法による大日本帝国のなかに、もう一つの国があったということになる。

そのことについては『統帥参考』の冒頭の「統帥権」という章に、以下のように書かれている。



・・・・・之ヲ以テ、統帥権ノ本質ハ力(ちから)ニシテ、其作用ハ超法的ナリ。(原文は句読点おより濁点なし。以下、同じ)



超法的とは憲法下のあらゆる法律とは無縁だ、ということなのである。

ついで、一般の国務については憲法の規定によって国務大臣が最終的責任を負う(当時の用語で輔弼「ほひつ」する)のに対して、統帥権はそうじゃないという。

「輔弼ノ範囲外ニ独立ス」と断定しているのである。



従テ統帥権ノ行使及其結果ニ関シテハ、議会ニ於テ責任ヲ負ハズ。 議会ハ軍の統帥・指揮竝・之(ならびにこれ)ガ結果ニ関シ、質問ヲ提起シ、弁明ヲ求メ、又ハ之ヲ批判シ、論難スルノ権利ヲ有セズ



すさまじい断定というほかない。

国家が戦争を遂行する場合、作戦についていちいち軍が議会に相談する必要はない。

このことはむしろ当然で、常識に属するが、しかし『統帥参考』のこの章にあっては、 言いかえれば、平時・戦時をとわず、統帥権は三権(立法・行政・司法)から独立しつづけている存在だとしているのである。

さらにいえば、国家をつぶそうがつぶすまいが、憲法下の国民に対して遠慮も何も必要がない、といっているにひとしい。

いわば、無法の宣言である

こうでもなければ、天皇の知らないあいだに満州事変をおこし、日中事変を長びかせ、その間、 ノモンハン事変をやり、さらに太平洋戦争をひきおこすということができるはずがない。

この国のかたち 一 P72 機密の中の“国家”より


国の状態はこれに近いものがあるのではないかと感じましたので引用しました。

この国には、自分たちを憲法外だと思っている輩が官僚の中にいる。

国を破壊するのは昔から変わらず憲法外の輩だ。 それを我々は外道と呼ぶ。

人の命を何と思っているのか。
関連記事

Comments - 0

Leave a reply

ZOZOTOWN チャリティーTシャツ
PREV
NEXT
競争のある電力社会 孫正義
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。