原発 避難勧告とレベル7への引き上げと消えた102兆6千億円



11日、政府が漸く飯舘村へ避難勧告を発表した。

【LINK】政府の全村避難方針・・・

12日、原発事故のレベルをレベル7へと引き上げた。

枝野官房長官の記者会見によると

レベル7の可能性は3月末には認識していたとのこと。

【LINK】レベル7の可能性、3月末には認識 枝野官房長官

選挙が終わったと同時にこの発表。
国民をどこまで失望させるのやら。。

20110401044354.jpg

「間違った情報に惑わされないようにしよう」

と呼びかけていますが、政府とマスコミが

間違った情報を流しているという悲しい現実。

各局も御用学者を出演させ放射性物質の安全性を訴えてましたが

現実はレベル7。

官首相の記者会見では

産経新聞の阿比留記者が以下のような質問をしました。

現実問題として、与野党協議の最大の障害になっているのが総理の存在であり、後手後手に まわった震災対応でも、総理の存在自体が国民にとっての不安材料になっている。

一体何のために、その地位にしがみついているのか、考えを聞かせてほしい

まさしく国民の感情だと思う。

それに対して菅直人首相はこう答えた。

阿比留さんのものの考え方がそうだということと、私が客観的にそうだということは、 必ずしも一致しないと思う
私とあなたのものの見方は、かなり違っているとしか申し上げようがない。

この答えからも分かる通り、国民と菅首相の考えは

かなり違っているのだ。

これでは増税を免れそうにない。

震災がなくても不景気だった日本経済を

悪化させて欲しくない。

まず法人税を上げ、そして消費税を下げる。

次に日銀が金を刷る。

おっと、そういえば日銀が震災直後から銀行に資金供給した

102兆6千億円はどこに消えたんでしょう??

【LINK】日銀、8営業日連続の資金供給 短期金融市場に2兆円

なぜこれをマスコミは取り上げない?

この国はようわからん。
関連記事

Comments 0

Leave a reply

放射能 明日17日に関西へ
PREV
NEXT
MacBook Pro