スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランク・ミュラー氏が来日!単独インタビュー

FRANKMULLER.jpg

高級時計ブランド創設者フランク・ミュラー氏が来日!単独インタビュー

2010年11月、ブランド設立20周年を目前に控えたスイスのラグジュアリーウォッチブランド・フランクミュラー(FRANK MULLER)の創設者であるフランク・ミュラー氏が来日し、東京ミッドタウンのリステアにて記念イベントを行った。

店内中央には、ミラーボールを中心としてまわるガラスケースに同ブランドのウォッチコレクションが数多く展示され、きらびやかな輝きを放つ。

壁側には人気シリーズであるカラー・ドリームスを彷彿とさせるカラフルな数字プリントを施したノートパソコンやクッションといったインテリアグッズも展示されており、来場客を楽しませた。

  多くの人でごった返し、会場が盛り上がる最中、フランク・ミュラー氏が登場。

「このような素敵なお店で、素敵なものが大好きなみなさまと一夜を共にできるのをとてもうれしく思います。」と上機嫌に語った。

パーティー訪問者との交流の合間をぬって、デザイナーフランク・ミュラー氏の単独インタビューに成功。

まず、ブランド設立20周年を目前に控えた今、これまでの過去を振り返って頂いた。

「時間をなりわいにして、時のうつろいや世代の変化を感じることはとても面白です。しかし昔に比べ、今日はインターネットなど技術革新が進み、何事もスピーディに過ぎていきすぎるようにも感じます。今の若い世代の人々は昔よりも、自分のアイデンティティを抱きにくいのではないでしょうか。」と少し憂いがちに語った。

続けて、これからの”時計”の価値について、「どのような物であっても時代とともにその価値は変化します。時計も例外ではないでしょう。事実そうでしたから。しかし目まぐるしく変化していく今日だからこそ、自分が歴史上の一点にいると見極める部分で時計の存在は大切になってくるでしょう。」と話した。

では、「どのような人にフランク ミュラーの時計を身につけてほしいのか?」との問いに、彼は実直に次のように話した。

「これまで私は人々に、時間に対する固定概念から抜け出し、もっと広い考え方を提案すべく、様々なアプローチで時計を作ってきました。時計は生き様の証となります。フランクミュラーの時計を身につける人にはどんどん新しい概念で時間をとらえていって欲しいのです。」

数多くのマスターピースの修復作業を行い、独創的な複雑時計により天才時計師の名を欲しいままにしてきたフランク・ミュラー氏。発言の節々から時計職人として、誰よりも「時間という概念」を重んじ、自身の哲学を構築させていることが伺える。

ブランド創設20周年については、「実は大した節目ではないと考えているんです。幸運にも私はまだ自分が若いと思ってますからね。」とにこやかに答え、まだまだ過去を振り返らず、先を見据えた姿勢だ。 
FRANKMULLER-collection07.jpg

FRANKMULLER-collection06.jpg

フランク・ミュラー氏がいうように、いまは様々な情報が足早に過ぎ去っていくように感じる。

インターネットの普及で情報の供給量が増え、そう感じるようになったんでしょう。

今日入った情報は、翌日の情報によって脳の外へと押し出される。

それでも、時間の流れは一定です。今も昔も変わりません。

同じ時間を過ごすなら、私はゆっくりとした時間の中で生きていきたい。

【LINK】...フランクミュラーはこちら【楽天市場】

関連記事

Comments - 0

Leave a reply

シャネルのiPadケースはキルティングバッグ型
PREV
NEXT
アパレルWEBのブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。