FC2ブログ

★新URL:https://newageinglog.com/
★新RSS:https://newageinglog.com/feed/

「sanasukeのエイジング日記」は新しく「NEW AGEING-LOG(ニューエイジングログ)」として生まれ変わります。
移転先のNEW AGEING-LOGでも宜しくお願いします。

子供から大人になれる服

ph04.jpg ph03.jpg

スーツはビジネスのためだけのスタイルではない。

ジャケットを羽織るような気分で、スーツを
カジュアルに楽しむのが、来春夏のスーツ提案。



ウォッシュ加工を施した「ブルネロ クチネリ」のスーツ。

シングル3ボタン段返りで、細身のシルエットが特徴。遠目にはネイビーの無地だが、わずかに見えるチェック柄が絶妙だ。

とろけるような肌触りの上質なウールを使った「イザイア」のダブル6ボタンのスーツ。

間隔の広いストライプが個性的。ダブルはこの秋冬からのトレンドのスタイルで注目!

ここ数シーズン、ピッティ・ウォモに登場する多くのアイテムは、軽い素材を使って柔らかく仕立てたジャケットだ。

ジャージーなどのスポーティな素材を使ったジャケットも見受けられ、快適さや気軽さは、いまのメンズファッションのトレンドである。

そして、そんなジャケットには、ますます細身のシルエットとなったパンツを合わせる。

いま、ジャケット&パンツのコーディネートは、コンパクトで快適さを求めたスタイルが全盛となっている。

その流れは、スーツスタイルにも影響している。手縫いを駆使したクラシックな雰囲気のスーツはいまでは少数派となり、トレンドは“クラシック”から“カジュアル・シック”にシフトした。

スーツスタイルの提案も明らかに変化してきたのだ。

では、スーツスタイルの変化とは何か。

スーツといえば、一般的に思い浮かぶのが仕事で着用する、いわば男のオフィシャルウエア。

「スーツはビジネスウエアとして着る」ということである。

しかし、今回のピッティ・ウォモでは、スーツのデザインやコーディネートでのカジュアル化が進み、ノータイでのスーツのほかに、ポロシャツをうまく組み合わせたコーディネートなど、新しいスーツの着こなしが登場した。

しかし、単純にノータイで楽しむスーツスタイルや、ポロシャツをコーディネートしたスーツスタイルといっても、実ははっきりとイメージしにくい。

普段着用しているシャツからネクタイを外すだけではなく、シャツの襟形や生地、さらにデザインにも着目して、スーツとシャツをコーディネートすることが、ノータイのスーツスタイルのポイントだ。

ポロシャツでいえば、シャツのように台襟のあるものも登場しているので案外スーツとの相性がいい。

こういったスーツの着こなし方は、実はビジネスシーンでのスーツ姿よりも、より汎用性の高いスタイルが表現できる。

つまり、プライヴェートでスーツの新しいコーディネートが楽しめるのである。

服地の素材感やデザイン、そしてディテールに 着目して、プライヴェートで楽しめるスーツを選ぶ。

スーツにカーゴパンツを取り入れた「ブルネロ クチネリ」の新鮮なスタイル。

白いポロシャツを合わせ、スポーティななかに清潔感も演出。

ジャケットのボタンのデザインも秀逸!

「カモシタ」の、細かいチェック柄を配した、男のエレガンスが漂うシングルのスーツ。

ブラウンのストライプをあしらった、ベージュのタイがシックなVゾーンを演出。

週末にさりげなく袖を通せれば、間違いなく知的な伊達男になる。

スーツをプライヴェートで楽しむときに最も注意したいのが生地選び。

まずは、ビジネスで着用しているスーツのことを忘れて生地を選ぶのがいいだろう。

というのも、ビジネスではネイビーを基本に、ダークグレーのバリエーションが中心のため、オフのシーンではどうしてもリラックス感に欠ける。

そこで、明るめの色や、暗い色でも柄を含んだ素材がポイントになる。

生地選びは、光沢感や手に感触の残る個性的な質感にも注目したい。

具体例を挙げると、今回のピッティ・ウォモでは、ナポリのブランド「イザイア」がダブル6ボタンのスーツを発表した。

スーパー140’sのしなやかなウール生地を使った、グレイッシュなライトブルーは上品な雰囲気が漂う。

白いボタンをデザインして、ダブルのスーツに軽快さを与えている。

そんなスーツであれば、同系色の無地のネクタイを合わせて、日常のビジネスから解き放たれたエレガントなスタイルが楽しめる。

もう一例は、いまイタリアをはじめ日本でも大人気のブランド、「ブルネロ クチネリ」のスーツ。

キャメル色のヘリンボーン柄の生地を採用した、シングル3ボタン段返りのデザインで、細身のシルエットを描く。

パンツも秀逸だ。

「ブルネロ クチネリ」が得意とするカーゴパンツをスーツのパンツに取り入れて、新鮮なスーツスタイルを作り出した。

足を細く長く見せるシャープなラインが絶妙で、まさに大人の上質なカジュアルスタイルが演出できる。

ビジネスで着用するスーツとは全く違う雰囲気を演出する注目のアイテムが、皮肉にもカジュアルなテイストを備えたスーツである。

ピッティ・ウォモを訪れるイタリアの洒落者たちは、カジュアルで楽しむスーツスタイルを既に実践している。



初めてスーツを手に入れたのは19歳の頃。

MITSUMINEで。

店に入るのも緊張した。

私の緊張を察してか、スタッフの男性が快く対応をしてくれた。

購入したのはブラックで細身のダブル。

当時で8万円ぐらいだったかな。

それにシャツを2枚とネクタイを1本買って11~12万円を支払った記憶がある。

あの当時は嬉しくて、普段着として使っていた。

19歳の子供だったけど、スーツを羽織った瞬間に大人になった気分が味わえた。

ストレートのパンツを履き、ジャケットを羽織ったときに

背筋が伸びる感覚は新鮮で、妙に落ち着いた気分になれました。

スーツには子供を大人に変える不思議な力があるのかも知れません。

カジュアルで楽しむスーツスタイルが流行れば

大人の男が街に溢れ出すかも。
関連記事





この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR


アディクト
クロムハーツ買い取り強化!


最新記事をお知らせ
follow us in feedly
記事検索
RSS


Add to Google
iGoogleに登録できます。




プロフィール

sanasuke

Author:sanasuke
生年月日:1975/06/01

HN:sanasuke

職業:ブロガー

結婚:既婚

子供:可愛い娘が2人

同居:ピノ、ルル、モコ(セキセイインコ)、サスケ(オカメインコ)



ブログ運営者について



sanasukeのエイジング日記をよろしくお願いします。

メディア掲載:GetNavi 4月号


最近の記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去ログ v Co リバース
QRコード
QRコード
キーワード解析


  • SEOブログパーツ


リンク
最近のトラックバック
お問い合わせなど
お問い合わせ、広告などについては、こちらのメールフォームよりお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: