FC2ブログ

★新URL:https://newageinglog.com/
★新RSS:https://newageinglog.com/feed/

「sanasukeのエイジング日記」は新しく「NEW AGEING-LOG(ニューエイジングログ)」として生まれ変わります。
移転先のNEW AGEING-LOGでも宜しくお願いします。

風邪に抗生物質は必要ない

風邪に抗生物質は必要ない

抗生物質について色々調べてたら、こんな記事を見つけた・・。


抗生物質

米山公啓によると、抗生物質を処方される場合も多いが、多くの場合、風邪の原因はウイルスであるので、細菌を対象とした抗生物質は効果がない。

実際、抗生物質を飲んでも飲まなくても、風邪をひいている期間は同じだという調査結果がある。

"抗生物質が、風邪をひいている期間を短くする"などという科学的論文は存在しない。

つまり、普通の風邪であれば、結局、抗生物質を飲まなくても治っているのである。

患者は薬で風邪を治しているつもりでも、実際に風邪を治しているのは、人体が本来持っている自然治癒力なのであると述べている。

(ようやく)2003年6月に、日本呼吸器学会が、成人気道感染症の指針のなかに、「風邪への抗生物質はできるだけ控えるべき」と明記した。

2004年5月の改訂版では「風邪に抗生物質は無効。細菌性二次感染の予防目的の投与も必要ない」とした。

それにもかかわらず、臨床の現場では、風邪に抗生物質が処方されている、この傾向はアメリカでも同様である、と米山公啓は2005年出版の本で指摘した。

複数のウイルス感染に対する抗ウイルス剤は現在の所ない。

原因ウイルスに対して抗生物質は無効である(抗生物質は抗菌剤であってウイルスには無効である。抗生物質の薬理の項を参照のこと)。

但し、「抗菌剤の適用について、気道粘膜のウイルス感染に続いて細菌感染が引き続いて起こる場合があり、咽頭炎の集団発生等明確な細菌感染を認める所見がある場合は抗菌剤を投与する」としているものもある。


米山公啓氏の見解を読んだとき、


内田先生が書かれた記事を思い出した。以下転載。


健康法の効果はそれがどれほどの社会的合意を獲得しているかによって左右される。

だから偽薬(プラシーボ)というものに薬効がある。

二つの患者集団の両方に「これはあなたの病気の特効薬です」といって薬剤を投与する。

一方には新薬を、一方には小麦粉をシュガーコーティングしただけのプラシーボを与える。

ほとんどの場合、どちらの集団も有意な治療効果を示す。

新薬の認可がなかなかおりない理由の一つは、それと同じ効果を「特効薬」であるという社会的合意を(演技的に)付与された小麦粉でももたらすことができるからである。

『野生の思考』の冒頭でレヴィ=ストロースが列挙しているとおり、その治療効果についての社会的合意がある限り、どんな療法も(虫歯が痛むときはキツツキの嘴を触る・・・というようなものでも)顕著な効果をもたらす。

人間はそれほどまでに社会的な生物なのである。

2006年06月24日 健康って何? 内田樹研究所


私は騙されていたんだろうか。

抗生物質も風邪に対してはプラシーボなのかい??

でもですね、私はこんな経験をしました。

8年ぐらい前の話なんですが、

ある友人と忘年会をやろうということになり、

それに向けて人数を集めていたんですが、

忘年会の数日前に私が高熱で倒れまして、、

「悪いけど忘年会には参加できそうにない」とメールで告げると

友人から「抗生剤飲んだら一発やで」との返信メールが。

私の友達は看護師。

薬を手に入れ私の自宅まで持ってきてくれました。

するとあら不思議。

熱はみるみる下がり、忘年会にも出席した私は朝まで飲み続け、楽しい夜を過ごせました。

ほんとに効いたのです。

数日後には私の身体は元通りでした。

完治するまでの日数は忘れましたが、それ以来、病院で抗生物質を貰うと

「これで治る」と安心したものです。

米山氏の意見も興味深いものではありますが

実際に熱が下がった経験をしてしまうと

どうしても薬に頼っちゃいますね。

今日で抗生物質を飲み出して5日目。

まだ軽く咳も出るし、鼻もじゅるじゅる、声も変だけど。

体調は頗る良くなってきている。

クロムハーツというプラシーボを投与すれば一発で完治すると思うんだが、

病院より高くついちまう・・。

関連記事





この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR


アディクト
クロムハーツ買い取り強化!


最新記事をお知らせ
follow us in feedly
記事検索
RSS


Add to Google
iGoogleに登録できます。




プロフィール

sanasuke

Author:sanasuke
生年月日:1975/06/01

HN:sanasuke

職業:ブロガー

結婚:既婚

子供:可愛い娘が2人

同居:ピノ、ルル、モコ(セキセイインコ)、サスケ(オカメインコ)



ブログ運営者について



sanasukeのエイジング日記をよろしくお願いします。

メディア掲載:GetNavi 4月号


最近の記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去ログ v Co リバース
QRコード
QRコード
キーワード解析


  • SEOブログパーツ


リンク
最近のトラックバック
お問い合わせなど
お問い合わせ、広告などについては、こちらのメールフォームよりお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: