FC2ブログ

★新URL:https://newageinglog.com/
★新RSS:https://newageinglog.com/feed/

「sanasukeのエイジング日記」は新しく「NEW AGEING-LOG(ニューエイジングログ)」として生まれ変わります。
移転先のNEW AGEING-LOGでも宜しくお願いします。

RUGBY RALPH LAUREN(ラグビー ラルフ ローレン)



ラグビー ラルフ ローレン キャットストリート オープン!


「RUGBY RALPH LAUREN(ラグビー ラルフ ローレン)」の日本第1号店が2010年9月15日、東京・原宿にオープンします!

「RUGBY(ラグビー)」と言えば、NYを中心にアメリカで人気沸騰中のブランド。

2004年にスタートしたまだ若いブランドですが、プレッピーをベースにしたオーセンティック(正統派)なイメージや、年齢を選ばない若々しいデザインが愛され、早くもアメリカを代表する人気ブランドに成長しました。

NYのニューヨーク大学キャンパスに近いユニバーシティープレイスにあるフラッグシップ・ショップはいつも大にぎわい。

地元民以外にも多くの観光客が押し寄せ、今や観光名所の1つに。

近所ではまとめ買いしたと見える大きなショッピングバッグを持った人をよく見かけます。

多くのアメリカンカジュアルがひしめきあうNYの中でも、とりわけアッパーな雰囲気を漂わせているブランドだけに、ショップにも重厚感が漂っています。

<中略>

日本第1号店となる東京・原宿の「ラグビー ラルフ ローレン キャットストリート」は、ボザール様式(アメリカ流の古典風建築)からインスパイアされたファサード(入口のある正面外観)や、ウッディなカントリー調のディテールが今世紀初頭のニューヨーク建造物と思い起こさせるものだそう。

ショップ内にはヴィンテージ感覚とスポーツ+プレッピースタイルが巧みに調和したアイテムが並びます。


ラグビー(RUGBY)キャットストリートオープンを記念して、

「MAKE YOUR OWN コンテスト」を開催しています。

好きなアイテム、パッチや刺繍を自分で選び、カスタマイズしてエントリー。

審査員に選ばれれば、デザインを形にしてくれます。

実際に製作され、送ってくれるそうです。

さらに特典が・・・




数々のセレブリティーと過ごせるオープンイベントへもご招待!


子供連れて行ってもいいのかな。

セレブリティーはムスメと遊んでくれるかな?

子供連れで東京に行くならディズニーランドのほうがいいな。

ちなみにコンテスト開催期間は

2010年8月23日(月)午後12:00~9月4日(土)午後18:00迄

当選者は15名だそうです。

審査員は以下の方々です・

・佐々木 希さん
・土屋 アンナさん
・仲 里依紗さん
・VERBALさん


・大久保 篤志さん
・祐真 朋樹さん
・野口 強さん


皆さんなら、この審査員の中で誰に評価されたいですか。

この人に評価されたら嬉しい!という人物がいるはずです。

私は・・・

えっと・・・

やはりこの方でしょう。

私世代の方なら、皆同じ意見だと思います。

それは・・

6a7d3337948c3965457281d50805dbdf.jpg

佐々木希さん。

かわいい。お人形さんみたいな顔だ。

惚れてまうやろーっ。

もしかしたら、皆さんがデザインしたアイテムが

彼女に気に入ってもらえるかもしれません。

ぜひともご応募してみましょう。
関連記事





この記事へのコメント

トラックバック

URL :

PR


アディクト
クロムハーツ買い取り強化!


最新記事をお知らせ
follow us in feedly
記事検索
RSS


Add to Google
iGoogleに登録できます。




プロフィール

sanasuke

Author:sanasuke
生年月日:1975/06/01

HN:sanasuke

職業:ブロガー

結婚:既婚

子供:可愛い娘が2人

同居:ピノ、ルル、モコ(セキセイインコ)、サスケ(オカメインコ)



ブログ運営者について



sanasukeのエイジング日記をよろしくお願いします。

メディア掲載:GetNavi 4月号


最近の記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去ログ v Co リバース
QRコード
QRコード
キーワード解析


  • SEOブログパーツ


リンク
最近のトラックバック
お問い合わせなど
お問い合わせ、広告などについては、こちらのメールフォームよりお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: