FC2ブログ

★新URL:https://newageinglog.com/
★新RSS:https://newageinglog.com/feed/

「sanasukeのエイジング日記」は新しく「NEW AGEING-LOG(ニューエイジングログ)」として生まれ変わります。
移転先のNEW AGEING-LOGでも宜しくお願いします。

机が汚い人はクリエイティブらしい

karlww.jpg

机が汚い人はクリエイティブだという

イケダハヤトさんのエントリーを読んで思い浮かんだのが

上の画像の人。

タモさんじゃないよ。
スポンサーサイト

ファッション哲学 カール・ラガーフェルド





【予告編】『ファッションを創る男』 ラガーフェルドを形取ったポスターも到着

「シャネル(CHANEL)」「フェンディ(FENDI)」のカリスマデザイナー、カール・ラガーフェルド。その仕事ぶりとプライベートに2年間密着したドキュメンタリー映画の邦題が『ファッションを創る男~カール・ラガーフェルド~』に決定し、予告編ならびにポスタービジュアルが解禁となった。

世界中の女性たちの憧れ、「シャネル(CHANEL)」。そのデザイナーを30年に渡って務める美の帝王カール・ラガーフェルドは、「クロエ(Chloe)」「フェンディ(FENDI)」などのデザイナーも兼任し、ファッション界をパワフルに牽引してきた。とはいえ、その人物像は年齢さえも非公開。本作は、トレードマークのサングラスの向うに隠された彼の素顔に迫る、魅惑のドキュメンタリーだ。

2年間200時間にわたる撮影を敢行した本作の予告編には、ラガーフェルドの自宅内やショーの準備を行う姿、デザインを進める工程など彼が生きる世界と共に、仕事へこだわりや哲学を自ら語っている姿も捉えられている。

大量に積み上げられた書物、山盛りのクロムハーツの指輪、沢山のiPod……。物に溢れる自宅から、フィンガー・カットの革手袋を嵌めたままデザイン画を描く姿や、ニコール・キッドマンらセレブとのフォトシューティングなど、完璧主義者の情熱溢れる仕事ぶりまでが映し出されている。

さらに、友人のモナコ王妃カロリーヌと談笑する姿や、トレードマークといえるサングラスを外している場面も盛り込まれているなど、普段は見られない貴重なシーンが数多く含まれていることも見逃せない。

また、ポスターには、ファッションショーでステージに立つ様子や、一緒に仕事をしていた二コール・キッドマンの姿など象徴的なシーンが散りばめられ、中央に配されたラガーフェルドのシルエットが印象を強く残している。

「シャネル」開業100周年記念にあたる節目の年に、文字どおり、世界のファッションを創ってきた天才の素顔が、ここにある。

『ファッションを創る男~カール・ラガーフェルド~』は11月16日(土)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。


繊細で豪快な彼の生き様が垣間見える映像でした。


カール・ラガーフェルド撮影によるサッカーフランス代表アウェイユニフォーム

fff_away_01.jpg

カール・ラガーフェルド撮影によるサッカーフランス代表アウェイユニフォーム

今年1月にパリで発表されたナイキとフランスサッカー連盟(FFF)とのパートナーシップ。すでにサッカーフランス代表の新ホームユニフォームは発表されたが、 今回は新しいアウェイユニフォームが発表された。

新アウェイユニフォームのデザインはビジュアル面で「マリニエール(= マリンストライプ)」の影響を大きく受けている。 フランスを象徴するタイムレスなスタイルである「マリニエール」は、19世紀にフランス海軍の制服として初めて登場したもの。 20世紀初頭には民間にも広まり、その後またたく間にフランス文化を代表するスタイルとして、 フランス内外でも自由な精神を持つ市民の間で取り入れられた。

ユニフォームはピッチで自由な動きがとれるように特別なフィットを採用。 軽量な生地にはプレイヤーが常に涼しく過ごすことができるようNike Dri-FITテクノロジーと工学的通気システムを施し、 さらに人間工学に基づいたカットとコットンの柔らかい肌触りにより着心地の良さを追求した。

そしてホームユニフォームと同様に、これまでナイキが発表してきたどのユニフォームよりも環境に配慮したものとなっている。 シャツとショーツは再生プラスチックボトルを100%原料としたマイクロファイバーポリエステルで作られ、 シャツに関しては同素材に加えてオーガニックコットン(96%再生ポリエステル、4%オーガニックコットン)を採用。

またこのユニフォームの写真はファッション界と写真界の権威、カール・ラガーフェルドによって撮影されたもの。 アウェイユニフォームの革命的エレガンスを表現したこの写真には、新しい時代のフランスチームを代表する一人、アルー・ディアッラ選手が起用されている。

なおFFFアウェイユニフォームは、ナイキ原宿などで3月26日より発売。

カールラガーフェルドのファッションチェック



カールが文化人に苦言「センスが無く、薄汚い」

【11月11日 AFP】デザイナーのカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が、現代の文化人はファッションセンスが無く「薄汚い」と嘆いている。

カールはドイツの雑誌ツァイトマガジン(Zeit Magazin)のインタビューで「申し訳ないが、私はむさ苦しい文化人が嫌いだ。昔の文化人は格好良かった。しかし、現在の文化人は単に薄汚いだけだ」 とコメント。

その最たる例として挙げられたのは、『ブリキの太鼓(The Tin Drum)』などの作品で知られるノーベル賞作家ギュンター・グラス(Gunter Grass)。グラスは、着古したジャケットに開襟シャツ、ウールのセーター、そしてパイプ煙草という定番スタイルで登場する。 しかし、カールはそれが気に入らないようで「ギュンター・グラスは一度くらいタイを着用するべきだよ」と苦言を呈した。(c)AFP

島をデザインする男

カール・ラガーフェルド

カール・ラガーフェルド、今度は「島」をデザイン

【10月19日 MODE PRESS】デザイナーのカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ(Dubai)沿岸に建設される人工島「イスラ・モーダ(Isla Moda)」のデザインを手がけることが明らかになった。

「イスラ・モーダ」には、高級ホテルやラグジュアリーブランドのブティックが建設され、完成は2014年を予定。

新たなリゾートとしてお洒落なセレブリティを虜にするか、今後の展開が楽しみ。

PR


アディクト
クロムハーツ買い取り強化!


最新記事をお知らせ
follow us in feedly
記事検索
RSS


Add to Google
iGoogleに登録できます。




プロフィール

sanasuke

Author:sanasuke
生年月日:1975/06/01

HN:sanasuke

職業:ブロガー

結婚:既婚

子供:可愛い娘が2人

同居:ピノ、ルル、モコ(セキセイインコ)、サスケ(オカメインコ)



ブログ運営者について



sanasukeのエイジング日記をよろしくお願いします。

メディア掲載:GetNavi 4月号


最近の記事
Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
過去ログ v Co リバース
QRコード
QRコード
キーワード解析


  • SEOブログパーツ


リンク
最近のトラックバック
お問い合わせなど
お問い合わせ、広告などについては、こちらのメールフォームよりお願い致します。

名前:
メール:
件名:
本文: